コクテイルの歴史

当店は1997年の4月、東京の西にある学園都市、国立市で開業しました。当初は古本だけを売る、普通の本屋でしたが、店に寄り集まる学生との酒盛りを発展させ、そのころでは珍しい古本屋と飲食店を融合させた店に生まれ変わりました。
それから20年、高円寺へ移転し、紆余曲折を乗り越え、現在の大正時代の古民家での営業へと至ります。
小説や随筆に出てくる料理をアレンジした「文士料理」、文学作品や作家からインスピレーションを得て創作する「文学メニュー」、日本の近代文学の軌跡と寄り添ってつくり上げる「文学カレー」など、本と食べ物の融合を目指し日々営業しております。
食べることは読むことに似て、作ることは書くこと同じではないのか。この思いを実現することが、当店の願いなのです。

店主 狩野俊

1998年 4月 国立市で古書店として開業。
1998年10月 同店舗を改装し、古書店と飲食店の複合店舗になる。
2000年 4月 高円寺北の飲み屋横丁に移転。
2003年 4月 あづま通りに移転。
2009年 4月 高円寺北中通りにある大正時代の古民家に移転。

 

住所: 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目8-13
電話/ファックス: 03-3310-8130
電子便り: cocktail@live.jp

昼営業: 11:30-15:00ごろ 火水休
夜営業: 18:00-23:00ごろ 無休
※都合により臨時休業、時間変更の場合あり。来店前ご一報いただけると確実です。

タイトルとURLをコピーしました