文学料理堪能コース

今年から、忘新年会向けの宴会プランをつくってみました。本好きにはたまらない内容かと思います。今年、読んだ本など持ち込んで、感想とか言いながらお料理とお酒を楽しみんではいかがですか。

2時間1500円(30分前にラストオーダー)の飲み放題も組み合わせるとさらにお得です(飲み放題はこのプランのみでお願いしてます)。ご利用は前日までのご予約をお願いしております。2名さまから承ります。最大15名様までどうぞ。5名様以上は、二階のお座敷のご利用になれます。二階には、猫が二匹いますので、アレルギーの方は避けたほうがよろしいかと思います。

●文学料理堪能コース 2500円
◎前菜三種
・白洲次郎正子をイメージした「シラス奴」
・「ゴッドファーザーのミートボール」
国木田独歩「牛肉と馬鈴薯ポテサラ」
◎煮込み料理
・「太宰煮込み」
太宰のふるさと青森の魚介、アンコウや鱈と根菜を味噌味で。
◎揚げ物
・当店名物、壇流クッキングから「大正コロッケ」
・江戸調味料、煎り酒で味をつけ、胃の悪い漱石にも食べやすくおろし大根を添えた「漱石唐揚げ」
◎サラダ
・アレンジした森茉莉の「ロシアサラダ」
◎メイン
・鮭の焼き漬けと新潟のお漬物添え
坂口安吾の好物。焼いた鮭を、日本酒と醤油を合わせたつけ汁に浸した新潟地方の郷土料理。浅く漬けた野菜をサラダ感覚で添えます。
◎お食事
・漱石カレー(ハーフサイズ)
三四郎に出てきたカレーを再現。牛肉好きな漱石のために、具は大量の炒め野菜を煮込んだものと、ごろごろとした牛肉のみ。明治末のレシピを元に、現代にも通じるように手を加えました。生涯、神経衰弱と胃痛に悩まされた漱石に喜んでもらえるように、それらの症状に効くスパイスを配合しました。

※仕入れ状況などにより、内容に変更がある場合があります。ご了承ください。

ご予約はお電話、メールでどうぞ。
電話/ファックス: 03-3310-8130
電子便り: cocktail@live.jp

タイトルとURLをコピーしました